年齢は保険料に大きく関係する

自動車保険の料金を決定する要素には等級と呼ばれているものがあるのですが、もうひとつ重要な要素として年齢が関係しています。
全年齢対象のものもあるのですが一般的には20代と30代、40代、50代、60代と振り分けられており、年齢を重ねるごとに割引率も高くなっていく傾向があるようです。そのため20代が最も自動車保険料は高くなりやすい傾向にあるのですが、この理由としては自動車免許を取得したばかりで事故率が高いと考えられているからだと言われています。
ほかにも年齢による自動車保険の割引率にはいくつかの理由があり、60代の自動車保険が最も安くなる傾向にあります。そのため自分の年齢の場合は、どの程度の割引率があるのか相場を把握するのが大切です。

年齢による自動車保険料を安くする方法

自動車保険料は年齢と等級によってある程度保険料が決まってくるのですが、20代など若い世代でも保険料を安くするための方法はいくつかあります。
例えば保険料を決定するための要素である車の料金クラスを低いものに変更すれば、保険料も安くしてもらえます。特にコンパクトカーや軽自動車がおすすめされていて、20代の場合はまずこれらの料金クラスの低い車種で運転に慣れておくのがいいとも考えられているようです。また30代や40代の場合は車両保険を検討したり料金クラスを検討する方法もありますが、特に40代の場合は子供が運転するようになるので子供に等級を移すなどの対策で安くできるようになります。
ただ年齢を重ねると保険料も安くなりやすいので、無理に安くする方法を検討せずともこのままでもいいと言われる場合もあります。